柚木沙弥郎・帯特集

柚木沙弥郎(ゆのき さみろう)★PROFILE

柳宗悦の民芸論と芹沢けい介の型染めに出会い、染色の道へ。
この夏で制作中止。今後市場に出回ることがない作品群です。

●1922年 東京生まれ
●1942年 美術史を学ぶために東京大学に入学
●1946年 大原美術館(岡山)に勤務 そこで和紙に大胆な民芸模様を型染めした暦に出会い、
      民芸運動のリーダーである柳宗悦の作品を読み始める これが柚木の人生の転機に
●1947年 大学を中退後この暦をデザインした芹沢C介のもとに弟子入り
     以来、静岡県由比町の正雪紺屋に住み込み、型から染めまでの染色を学ぶ
●1949年 作品第1号を第23回国画会展に出品 以来、毎年参加するようになる
●1955年 東京たくみ工芸店画廊にてはじめての個展を開催
●1957年 ブリュッセル万国博覧会(EXPO‘58)では銅賞を獲得
●1972年 女子美術大学の教授に就任
●1987年 女子美術大学の学長にに就任
柚木の作品は民芸的な味わいを色濃く残し、その大胆な色彩や絵画的主題には、暖かさとユーモアがにじみ出ている。
■ホームページ http://www.samiro.net/

柚木 沙弥郎・帯
*写真・意匠の無断複製・転載、固くお断りいたします。

おすすめ

柚木沙弥郎
型染め帯

この夏で制作を中止。今後市場に出回ることのない柚木沙弥郎の作品を、ぜひこの機会に。

*お問い合せはこちらから メール

【2009.12.01掲載】

柚木 沙弥郎・いしづかセレクト型染帯特集

柚木沙弥郎・帯 柚木沙弥郎・帯 柚木沙弥郎・帯 柚木沙弥郎・帯 柚木沙弥郎・帯 柚木沙弥郎・帯 柚木沙弥郎・帯 柚木沙弥郎・帯